減免 経済的に困難な學生を支援する國の制度です。所定の條件をクリアし採用された學生は奨學金支給と授業料等減免の対象となります。
※詳細は日本學生支援機構Webサイトでご確認ください。 日本學生支援機構海外留學支援制度 提攜校への
留學決定者 支給 月額60,000円~100,000円(留學先によって異なる)
①対象プログラムに留學する者
②日本學生支援機構が定める條件を満たす者 日本學生支援機構短期留學奨學金 提攜校への
留學決定者 貸與 第2種(有利子)
在學期間中は無利子、卒業後年率3%以內。
月額20,000円~120,000円の中で1萬円単位の金額の中から選択。
※このほか、海外留學のために協定に基づく「授業料免除制度」もあります。

詳細は年度によって変更することがあります。最新の情報はオープンキャンパス等でご確認ください。

外國人留學生対象奨學金

名稱 対象 支給?貸與 支給(貸與)額?趣旨
文部科學省外國人留學生學習奨勵費 私費外國人留學生 支給 私費外國人留學生で、學業?人物ともに優れ、かつ経済的理由により修學が困難である者に対し支給。
月額48,000円
非漢字圏出身留學生奨學金 1~4年次 支給 國際學部に在籍する非漢字圏出身の外國人留學生を対象とし、選考を行います。
支給額:830,000円(415,000円/學期)
?1回目の支給條件:日本語能力試験 N2 以上 合格
?2回目以降の支給條件:下記の3つの検定うち、一つ條件を充たすごとに 1 年分の支給條件とする。
①日本語能力試験 N1合格
②TOEIC800 點 以上
③BJT ビジネス日本語能力テスト J1 もしくは J1+ 合格
外國人留學生Ambassador奨學金 2~4年次 支給 國際學部に在籍する中國語圏出身の外國人留學生を対象とし、選考を行います。
支給額:796,000円(入寮費、寮費、 Ambassadorアルバイト代)
支給條件:
①日本語能力試験N1合格、または日本留學試験280點以上。
②學生寮に入寮し、Chinese Ambassadorとしての活動を行うこと。
※私費外國人留學生を対象とした外部民間団體による奨學金(要申請、選考有)もあります。

詳細は年度によって変更することがあります。最新の情報はオープンキャンパス等でご確認ください。

お問い合わせ先

學生課 奨學?擔當

入學者
選抜情報
沙丘电影完整版免费观看-沙丘在线观看完整免费2021