ビジネス部門優秀賞 千葉県立我孫子高等學校 水野 爽空さん
  • (HP用)ジェンダレス.pngビジネス部門優秀賞 千葉県立松戸馬橋高等學校
    チーム ジェンダレス
  • 入賞チームのコメント

    ビジネス部門 最優秀賞

    チーム「長岡高専アントレ部」

    獨立行政法人國立高等専門學校機構 長岡工業高等専門學校
    大野 俊介さん 金沢 智さん 関谷 凌さん(オンライン參加)

    生活用水を運ぶ為、學校に行く時間のない発展途上國の子どもたちが水を早く簡単に運搬できる製品を考案

    【感想】

    コンテストを通して、「アイディアを出して考える」ということは、ものすごく難しいと感じました。アイディアを出す上で、僕達のチームは、実現可能度を最重要に考えました。これを達成するには、予算がいくら必要で、どれくらいの規模でやれば、利益を得ることができるのか、現実的に考えることが大切なんだと思いました。今回のアイディアは、比較的実現可能度が高いな、と僕達のチームは思っています!また、自分たちでは、できなかったこともあり、高専の先生や先輩、外部會社の方ともお話しする機會を頂けたことがこのアイディアを素晴らしいものにしたと思います。3Dプリンターなどで模型を作るなどしてアイディア実現可能にしていきたいと思います。最優秀賞を摑むことができて、本當に嬉しかったです。素晴らしい機會を本當にありがとうございました。

    ビジネス部門 優秀賞

    千葉県立我孫子高等學校 水野 爽空さん

    「住み続けられるまちづくり」に関連し空き家を活用した勉強スペースを考案

    【感想】

    今回のコンテストを通じてSDGsについて様々なことをを學び、考えることが出來ました。SDGsの問題解決をビジネスに繋げることがとても難しかったです。高校生でもSDGsに関心を持ち、考えることができると知り、これからも様々な問題に目を向けていきたいと思いました。そしてできることから取り組んでいきたいです。優秀賞をいただくことが出來て本當に嬉しかったです。ありがとうございました。

    チーム「ジェンダレス」

    千葉県立松戸馬橋高等學校 松丸 晶稀さん、深山 男輝さん

    ジェンダーレスの方やLGBTの人々への格差をなくす為に、好きな服を好きな時に購入することのできるアプリを考案

    【感想】

    本當にアプリを作りそれを進めることを想定して、プロジェクトを進めました。つまずいて行き詰まってしまうこともあったけれど、お互いに意見を出し合って行く中で、自分たちなりにかなり実現が可能に近く、いいものができたと思いました。しかし、まだ改善できそうなところがいくつもあるので、改善してより良いものにしたいと思いました。優秀賞という賞をいただけたことはとても嬉しかったです。

    政策?まちづくり部門 最優秀賞

    チーム「ハートフルピース」

    私立 帝塚山學院高等學校 上原 愛さん 安藤 凜子さん (オンライン參加)

    障がいをお持ちの方々に配慮した一車両「CAST (Comfortable And Safe Train)」を考案

    【感想】

    このコンテストの準備過程で最も大変だったことは評価項目である新規性を満たすことです。考えたアイデアが既に発明されていたりと上手くいかないことも多くありましたが、最後まで二人三腳で最優秀賞を頂けた時は本當に嬉しかったです!このコンテストに出場し社會問題に目を向ける良い機會となりました。これを機にこれからも様々なことに取り組みたいです。(上原愛さん)

    最優秀賞という素敵な賞を頂き、本當に嬉しかったです。このコンテストに出場して、私たちの社會にはまだまだ改善していかないといけない問題があるということを痛感しました。また、他の出場者の人の発表を聞いてこんな考え方があるのだなと刺激を受け、社會に対して新しい見方で見れるようになりました。教授の方も真剣に聞いて下さり凄くこのコンテストに出場できて幸せだなと感じました。(安藤凜子さん)

    政策?まちづくり部門 優秀賞

    チーム「お肉さん」

    私立 渋谷教育學園渋谷高等學校
    水上 綜理さん 飯沼 勇斗さん 小林 知貴さん 中村 天陽さん

    「家族型経済社會」として孫と祖父母間での経済循環を考案

    【感想】

    一年半前、コロナウイルスが世界的に蔓延してから、修學旅行がなくなり、青春の大半を占める體育祭や文化祭といった學校行事も中止となりました。そんな中、今回のイベントはオフラインだと知り、參加を決めました。校外の方とオフラインで觸れ合う機會は、とても楽しみなものでした。參加するからには最優秀賞を狙っていましたが、結果は優秀賞。悔しさもありますが、審査員の方に笑っていただける発表ができてとても満足しています

    岡山県立高梁高等學校 大森 麻琴さん (オンライン參加)

    障がいをお持ちの方が日常生活の中で制作した作品を世に送り出す「共生のための心のバリアフリープラン」を考案

    【感想】

    今回のコンテストでは、障がい者と健常者との間にあるだろう心のバリアを無くすための方法をプレゼンテーションしました。実際に地元の生活介護事業所が主催する展覧會の審査員や行事のボランティア參加をした際に障がい者福祉の現場を見たり、障がいを持つ利用者さんのお話を聞いたりした経験から今回の具體的な提言ができたと思います。優秀賞を受賞できたことをその生活介護事業所の方々も喜んでくださったことが嬉しかったです。審査員の先生方のご助言も勵みになりましたので、これからも積極的に取り組もうと思います。


    埼玉県立越谷東高等學校 熊谷 凜さん

    川の水質汚染改善の為にゴミ回収や河川敷でのレンタルキャンプを考案

    【感想】

    プレゼンテーションの準備期間は私にとって、初めてSDGsと向き合った時間でした。色々な問題があることを知りアイディアを考えることが難しかったです。また、プレゼンテーションをするのは初めてだったので少し不安でした。しかし今私がだせるベストを盡くすように頑張りました。また、今回のコンテストで他の人の発表を聞いて注目する観點によって色々なアイディアが生まれることが分かりました。他の人の発表を聞けてすごく楽しく勉強になりました。とても有意義な時間を過ごせました。

    入學者
    選抜情報
    沙丘电影完整版免费观看-沙丘在线观看完整免费2021